アート×ブロックチェーンで多方面に展開するスタートバーンが1億円超を資金調達

資金調達について

アート×テクノロジーを主軸にして様々な事業を展開するスタートバーン株式会社が、UTEC4号投資事業有限責任組合を引受先とする1億円超の第三者割当増資を実施したと7/5に発表しました。

資金調達の目的としては、文化・民芸品などの管理にブロックチェーンを利用したネットワークの構築、自社運営Webサービスの提供、共同開発事業に利用としています。

 

[el url=”https://startbahn.jp/about/”]株式会社スタートバーン[/el]

 

スタートバーンの事業

同社では、アート関係者を対象にした、インターネット時代のアートの為のプラットフォーム”Startbahn.org”や、展覧会の企画、ブロックチェーンを利用した事業をおこなっています。

QOLの重要性がます社会いおいて、人間のクリエイティビティが果たす割合が増大すると予見しており、実現の後押しや環境構築をテクノロジーとアートの掛け渡しになる活動からおこなっています。歴史的なアートから最先端まで様々な面でサポートを行うと同時に、今まで価値のなかったものに価値を付加したり、権利の管理を将来的に行う予定と、しています。

 

以下、同社のプレスリリース一部抜粋

1)文化・芸術品などの管理に特化したアート×ブロックチェーンネットワークの構築
文化・芸術品の管理に特化した、アート×ブロックチェーンのネットワークを構築します。アート×ブロックチェーンネットワークは、作品の来歴管理、基本情報の共有、そして作品証明書の発行および作品管理のために使用することを想定して、2018年9月末より試験運用を開始、営利・非営利問わず関係機関を横断した情報共有網を実現します。

2)アート×ブロックチェーンネットワークと連動する自社運営ウェブサービス「Startbahn BCM(仮称)」の提供
アート×ブロックチェーンネットワークは多くの関連機関が使用できる脱中心的なシステムとなります。Startbahn BCM(仮称、Blockchain based Marketplaceの略)はそのネットワークを活用する一つのウェブサービスという位置付けになります。
Startbahn BCM(仮称)では作品の売買管理の他、1)のネットワークを活用した作品の証明書の発行や来歴情報の閲覧が手軽に行える環境をはじめ、アートなどの販売および管理に有用なサービスを2018年9月末から提供開始予定です。

3)ブロックチェーン×コーポレートの共同開発事業を開始
アート×ブロックチェーンネットワーク構築の知見を応用して、文化・芸術だけでなく「情報共有、来歴管理、証明書発行、真贋鑑定」などを必要とする事業者とブロックチェーン事業の共同開発を行います。

株式会社スタートバーン

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。