料理動画のクックパッドTVが40億円の資金調達

資金調達について

クックパッド株式会社は2018年8月23日に子会社であるクックパッドTV株式会社が三菱商事から40億円の資金調達を行なったことを発表しました

資金調達の目的は、グローバルで食品事業を展開し幅広いネットワークやノウハウをもつ三菱商事とタッグを組むことによって、成長スピードを拡大していくことが狙いであり、今後は国内だけではなく海外進出も視野に入れているとのことです。

[el url=”https://cookpad.com/”]クックパッド株式会社[/el]

クックパッドTVについて

同社では、主に4つの事業があります。

①cookpad studioというサービスは、クックパッド上でレシピを公開されている方であれば誰でもご自分のレシピを1分動画にすることができる、料理動画撮影のためのキッチンスタジオで、カメラや照明もキッチンも全て無料で利用できます。スタジオ専用のアプリケーションを使うことで、動画を撮影したことがない方でも、簡単にクオリティの高い動画を撮影・編集することができます。動画はクックパッドのレシピ上で公開され、自身のSNS上でも自由に公開できます。

②全国の流通チェーンと連携し、売場で料理動画を配信しているものです。自社開発のオリジナルサイネージ「cookpad storeTV」を活用することで、ユーザーは店舗で買い物をしながらスマホを取り出すことなく商品の調理法や使い方を動画で把握することができます。

③プロの料理家や料理上手な有名人とLIVE配信で一緒に料理が楽しめるクッキングLIVEアプリ「cookpadTV」を運営しています。双方向型のコミュニケーションを通じて、家にいながらスマホ1つで料理を教わることができる新しい料理体験を提供していきます。

④SNSに「cookpadTV」アカウントを開設し、料理動画の配信を行っています。クックパッドに投稿されたレシピの中からSNS映えするレシピを選定し、管理栄養士やスタイリスト、広告撮影経験を持つ撮影編集担当などのプロフェッショナルが品質の高い料理動画を制作しています。

以下、同社のプレスリリース一部抜粋

CookpadTVは、大手流通チェーンと連動し店舗で料理動画を配信する「cookpad storeTV」や、ユーザー投稿型の動画撮影スタジオ「cookpad studio」、プロの料理家や有名人とLIVE配信で一緒に料理が楽しめるクッキングLIVEアプリ「cookpadTV」等の料理動画事業を展開してきました。

2017年12月に開始した「cookpad storeTV」は全国のスーパーマーケットからの要望が高く、オリジナル開発した店頭サイネージの設置台数はまもなく1万台を突破する予定です。サイネージで配信している料理動画の週間閲覧者数は350万人を超え、日本最大級の店頭サイネージに成長しています。

三菱商事は、川上の原料調達から川下の小売りまで食のバリューチェーン各所に事業アセットを有し、グローバルに食品関連事業を展開しています。今回の資本提携により、三菱商事のネットワークやノウハウを活用し、「cookpad storeTV」の事業を国内はもとより海外展開も視野に入れ、更に加速させていく予定です。また、三菱商事がグループ企業と共に展開している流通企業向けデータ分析事業とも連携した広告商品の開発など、店頭での新たなサービスの提供にもチャレンジしてまいります。

その他の事業においても今回調達する資金を活用し、積極的なプロモーション活動を実施して事業展開を加速してまいります。また、両者の強みを活かした新規事業を年内を目処に開始する予定です。

クックパッドTV

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。