ベンチャー企業の味方!?ベンチャー・キャピタル(VC)とは!?

ベンチャー・キャピタル(以下VC)という言葉を聞いたことはありますか?

今回はそのVCとは何かということを解説していきます。

ベンチャー・キャピタル(VC)とは

資金調達のプロさん
VCとは、ベンチャー企業に対してお金を出してくれる集団のことを指します。

ベンチャー企業にお金を出す代わりに株式などを引き受け、その後その企業が株式公開などをした際に売却することで、利益(キャピタルゲイン)を得ています。

資金調達のプロさん
また、VCはできるだけ利益を得るために、投資を行うのに並行して経営のコンサルティングを行なっています。それによって、投資先企業の価値を上昇させ、株式の価値をあげるのが狙いです。
ギリギリOLちゃん
つまり、VCの投資のポイントはこんな感じですね!
  • 株式上場を目標としている企業へ投資を行う
  • 投資する資金は契約やコンサルティングなどによって使い方を限定される
資金調達のプロさん
その通りです!

次にVCのお金がどこから出ているのかをお話します。

ギリギリOLちゃん
え?VC自体がお金を出してくれるのではないのですか?
資金調達のプロさん
少し違います。

お金はVCからではなく、VCの管理運営するファンド(投資事業有限責任組合)と呼ばれるところから出ます。ファンドに富裕層や機関投資家が出資することで、投資の資金を確保しています。

ギリギリOLちゃん
つまり、VCから資金調達した場合、そのお金は富裕層や機関投資家の出したお金だということですね!
資金調達のプロさん
その通りです。

VCは企業が株式公開後の株式の売却などによって利益を得て、その利益はファンドにお金を出した人々に分配されます。

その利益を最大にするために経営コンサルティングなどによって会社をよりよくしようとします。

ギリギリOLちゃん
なるほど…

じゃあ、ファンドにお金を出した人達にはお金が返ってくるのがだいぶ先になってしまうんですね…

資金調達のプロさん
そうなんです。

そのため、ファンドには期限が設定され、その期限までに上場ができないとVCは資金を回収するために、企業や経営陣、第三者などに株を売却します。

ギリギリOLちゃん
そうなってしまうと、せっかく資金を借りたのに、株を買うのに払ってしまうからお金がなくなってしまいますね。
資金調達のプロさん
VCからの資金調達をする際には、そのようなリスクがあることを認識していることが大切になります。

まとめ

ギリギリOLちゃん
VCはまだ実績のないベンチャー企業などに対しても資金を出してくれる集団であり、上手に使うことで企業後の資金繰りがうまくいくかもしれません。

しかし、リスクもあるので注意することが大切です!

FundLabo では法人向けにも資金調達やプロによる無料相談を行なっています。ぜひご活用ください。

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。