ベンチャー企業の規模による資金調達

ベンチャー企業には大きさによって分類されており、それぞれ方法が異なっています。
この記事では各ステージ毎に融資を受けやすい方法などを簡単におご紹介します。

  • どんな時期か
  • 資金状況は
  • 信用は
  • 資金の必要性
  • 融資先

一般的な内容ですので、必ずしも当てはまるとは限りません

シード期

・どんな時期か

起業に向けた準備期間、プロダクトをローンチするまでの期間です。ビジネスモデルや事業内容が決まっているが、実際のサービスやプロダクトになっていない状況が多いです。

・資金状況は

自己資金のみが多いです、そのため、資金に余裕はない場合も十分にあります。

・信用は

会社ができていない、もしくは出来立ての状況のため信用はありません。しかし、既に自分の名前が売れている際には、その限りではありません。

・資金の必要性

それほど高くはないと考えられます。資金は、会社の登記費や人件費、簡易設備費などに使用されます。

・融資先

親や兄弟など近しい関係を持つ人から借りる方も多いです。また、エンジェル投資家やシード期に投資するベンチャーキャピタル(VC)もあります。ベンチャーキャピタルには投資する会社の規模を決めているところも多いので、事前の調べが大事です。

[koteinlink url=”http://fundlabo.com/column/angle-investor/angel-zakkuri”]

アーリー期

・どんな時期か

起業後〜プロダクトやサービスをローンチしているが赤字である状態です。廃業になる会社もでてきます。

・資金状況は

軌道に乗る前なので、売り上げも低いです。利益率が良い会社では黒字になっているところもあります。

・信用は

赤字であったり、会社ができてから数年しか経過していなかったりするため、信用は低いです。民間の金融機関からの借入は厳しいです。

・資金の必要性

運営資金や設備投資に資金が必要となる場合が多いです。大学系のベンチャーなどでは、研究開発費としてまとまったお金が必要になります。

・融資先

公的な金融機関、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家などが候補にあがります。

持ち株についてきちんと把握しておかないと後々経営が非常に厳しいものとなりますので、よく考慮した上で資金調達をおこなってください。

[koteinlink url=”http://fundlabo.com/column/public/public”]

ステージA

・どんな期間か

プロダクトやサービスが成長してきて軌道に乗り始めた時期です。まだ収益が低く赤字の場合も多いです。

・資金状況は

収益がまだ低く黒字化している企業も少ないため、保有している資産も少ないです。

・信用は

一般的に倒産リスクは下がるが、まだ信用は低い状況にあります。しかし、会社によっては信用を得て民間から借入をする事があります。

・資金の必要性

運営資金や、オフィスの移転、雇用の増加や設備増設で資金繰りが大事な時期になります。

・融資先

公的金融機関や、国や地方自治体の補助金・助成金を使用することが多いです。売り上げが億の台に到達すると株式の出資も見えてきます。ベンチャーキャピタルでの融資も可能です。このステージで投資をするVCの数は少ないものの、融資を受ける事はできます。VCでは上場によって資金の回収を目的にしているので、これを念頭においた上で資金調達をしましょう。

ステージB

・どんな時期か

軌道に乗って売り上げが伸びてくる時期です。ステージBまでくると黒字化している会社がほとんどであり、累積損失がなくなる会社もでてきます。

・資金状況は

軌道に乗り、ある程度キャッシュが溜まってきます。

・信用は
黒字化して年数もたち信用が上がり、民間からも融資を受けやすいです。

・資金の必要性

事業拡大にともなう増設や人材獲得に多くの資金が必要になります。

・融資先

ベンチャーキャピタルが出資しやすく、種類株式を発行するなどして資金獲得をする企業もあります。もちろん民間の金融機関からも融資を受けられます。

[koteinlink url=”http://fundlabo.com/column/bank/bank-zakkuri”]

ステージC

・どんな時期か

事業が成熟してきた時期。黒字になり会社の規模も大きくなっている頃です。

・資金状況は

累積損失はなくなり、キャッシュの余裕が出てきます。

・信用は

信用は高く、民間からの融資も受けやすいです。

・資金の必要性

事業が安定しており、必要性は低い事もあります。

・融資先

コーポレートベンチャーキャピタルの出資を受けたり、不動産や債券の流動化による資金調達をする場合もあります。この段階でIPOをすることもあります。

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。