起業家のためのベンチャーキャピタルからの調達

ベンチャーキャピタルは、ベンチャー企業に対して出資を行うファンドを指します。創業前から創業後の運営資金など幅広く出資を受ける事ができ、ベンチャー企業にとって心強い味方になります。

スタートアップの起業家は資金調達の方法が限られています。起業するとき多くの場合は信用がなく、民間の銀行からは借りづらいです。そこで多くの資金を集めようとするならベンチャーキャピタルを利用するというのも選択肢の1つになってきます。

 

 

ベンチャーキャピタルとの関係

ベンチャーキャピタルは資金面のみならず、人材の獲得や経営などについても深くかかわってきます。それゆえ彼らから出資を受けるためには、銀行から融資を引き出す時以上に慎重な事業計画を練る必要があります。

また、彼らは優先株など、銀行が求めない権利を要求することもあります。要求を呑むか断るかの判断は難しいところですが、互いの利益が最大になるような落としどころを探すのが経営者の務めです。

 

ベンチャーキャピタルで資金調達をするためには

ベンチャーキャピタルで資金を得るには、以下の3つが揃っている場合に調達が成功しやすいです。投資は、”人と物”で判断しています。どちらかだけでも突出して魅力的な場合は、それだけで出資してくれる事もあります。

  1. 明確な事業計画やビジョン
  2. 経営者たちの能力やマインド
  3. 魅力的なメンバーや商品やサービス

これらに加えて、株式公開を予定している事が必須となります。これは、ベンチャーキャピタルは株式公開後のイグジットを目的としているためです。そのため、ニーズを作れたり、スケールできたりするなど将来性が見込める企業には出資されやすいです。

 

まとめ

スタートアップ起業家が必要とする資金調達を行う方法は色々とありますが、よりアグレッシブに多くの資金を得ようと考えるなら、ベンチャーキャピタルを利用するというのも一つの選択肢です。より効果的に融資してもらうなら事業計画を作り込んだ上でイグジットプランもしっかり明示しておくことが大切です。これによってファンドに対して出資の見返りがどれくらい期待できるのかを知らせることができ、融資を決定してもらいやすくなります。ベンチャーキャピタルを活用するのは複雑でリスクもありますが、その分投資してもらえた場合の資金調達効果は非常に高くなるので、十分に準備しておくことが大切です。

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。