消費者のためのお金を集める方法7選

はじめに:借入の方法とは

お金を借りる方法は様々ありますが、それぞれのメリットやデメリットを把握していなければ自分にピッタリと合う借入ができません。今すぐお金が必要な人から、時間には余裕があるけど多額である場合など、千差万別です。自分の状況ならどれが良いか比較して利用してください。

しかし、方法だけでも数多くあり、比較する事は大変で、内容も難しい話が多いです。そこで、FundLaboでは無料相談・面談サービスや融資可能診断サービスを実施しており、あなたに合った方法を検討して借入可能な額まで提案できますので、ぜひご利用ください。

[pushbtn url=”http://fundlabo.com/contact”]お問い合わせはコチラ[/pushbtn][pushbtn url=”https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdzKnkVqV6Cfu99s9zs0l4omYnZJB9C-DzrUas7L5me2rtnmg/viewform”]融資申し込みはコチラ[/pushbtn]

 

借入の7種類

意外としられていませんが、実は借入する方法は多くあり、そのうち8種について紹介します。

 

  • 用途が広いトラブルが少ない:銀行
  • 誰でも借りやすい:カードローン(消費者金融)
  • 緊急的に借りる:キャッシング
  • 生活を立て直すため:自治体(市役所など)
  • 国から借りる:教育ローン
  • 失業時のセーフティネット:生活福祉資金貸付制度
  • おすすめできない:家族・知人から借入

 

たとえ苦しくとも、闇金は避けましょう。さらに多くのトラブルにあい、より苦しい状況に追い込まれます。”もうどうしようもない” となったときはご相談ください。お金のプロが解決の糸口を共にさがします。

 

[nlink url=”http://fundlabo.com/contact”]

 

用途が広いトラブルが少ない:銀行

銀行で借りる場合は、住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどの他に、使用用途に制限がないカードローンが利用できます。

メリット:金利が低く、ATMで借りることもできるため非常に便利です。申し込みもインターネットで出来るなどお勧めできます。さらに銀行と契約がされるのでトラブルが少ない方法となっています。

デメリット:どのローンでも年々審査が厳しくなっています。書類も多く借入まで時間がかかりますので、事前に時間的な余裕が必要になります。

 

誰でも借りやすい:消費者金融

レイクやアコムといった会社から借入を行う方法です。多くの人が借りる事ができ、最短30分で即日融資が可能なところもあります。消費者金融からの借入をしづらいと思いがちですが、短期間であれば金利が0となるところもあり便利で、しっかりと返済をすれば問題ありません。

メリット:アルバイトでも審査が通りやすく、融資までも早いので時間がない方におすすめできます。インターネットからの申し込みができて便利な方法です。

デメリット:金利は銀行よりは少し高めです。限度額は法律で決まっており、全ての借入を合わせて年収の1/3となっています。

 

緊急的に借りる:キャッシング

クレジットカードでキャッシングをする事です。申請さえされていれば、今すぐにATMから借入ができます。

メリット:すでにクレジットカードがあればキャッシングの申請をすれば利用できます。

デメリット:限度額が低く、金利も高いです。さらに返済が一括である場合が多いです。

キャッシングをされるのであれば消費者金融をおすすめします。

 

生活を立て直すため:自治体(市役所など)

生活ができないほどお金がない場合は、市役所などの自治体からお金を借りる方法があります。これは、生活福祉資金貸付制度を利用するもので、生活や教育に必要なお金であれば借りれます。借りるためには面談をして今後返す見込みがあるかを審査されます。

メリット:追い込まれた状況で緊急の際には利用できます。条件を満たして連帯保証人がいれば無利子で借りられます。

デメリット:条件が厳しく、審査を通るためには多くの知識が必要になります。

 

国から借りる:教育ローン

日本政策金融公庫では、個人向けに教育ローンを実施しています。日本学生支援機構の奨学金とは違って、保護者が国から借りるものです。教育を受けたいがお金がない場合に利用できます。

メリット:他の金融機関で断られても利用が可能です。収入が少なく進学できない場合にはぜひ検討しましょう。

デメリット:書類が多く、手続きが大変な場合があり、審査をされます。

 

失業時のセーフティネット:生活福祉資金貸付制度

非常に収入が低い、障害がある、または失業した時は収入がなく生活ができなくなります。その時は、国の生活福祉資金貸付制度を利用しましょう。かなり低利子で、連帯保証人がいれば無利子になる事がほとんどです。

メリット:極端に利子が低いです。

デメリット:低所得者世帯、高齢者世帯、障害者世帯に当てはまらないと借りれない。さらに、細かく条件が決められていて審査は厳しいものになっています。

 

おすすめできない:家族・知人から借入

真っ先に考える家族や知人からの借入です。税金の問題で親からでも借りる場合は契約が必要になります。

メリット:親密である分借りる事ができる場合があります。

デメリット:のちにトラブルが起きやすく、リスクだけが非常に大きいです。親族であっても避けるべきでしょう。

 

まとめ

7つの借入の方法をご紹介してきました。その中でも、キャッシングや家族・知人からの借入はお勧めできません。カードローンといった消費者金融や銀行が最も利用しやすいのではないかと思います。そういった所で借入ができない場合は、市役所などに相談にいって国に助けてもらいましょう。

審査が通せる借入がどれか分からない、いくら借りられるか分からない場合は、無料融資診断サービスの利用やご相談ください。資金調達のプロがお手伝いいたします。

無料融資診断サービス

[koteinlink url=”http://fundlabo.com/contact”]
最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。