カードローンはお金を借りるための簡単で便利な方法

そもそもカードローンとは

お金を借りるサービスの一つで、銀行や消費者金融などの金融機関の発行する専用のカードを利用したローンのことです。申し込みが他のローンに比べて簡単で利用しやすいです。

カードローンの特徴としては以下のことが挙げられます。

  • 担保や保証人が不要
  • 他のローンとは違い、用途が自由
  • 限度額以内で何度でも借りられる
  • ATMやインターネットにて利用可能
  • 申し込みから審査・借り入れまでが簡単で早い

カードローンでは、借り入れをする人の収入を信用してお金を貸すので、担保や保証人は不要となっています。よって安定した収入がなければ借りるのは難しいですが、アルバイトやパートの人でも安定した収入があれば利用することができます。

住宅ローンや自動車ローンでは、借りたお金の用途が家や車の購入に制限されますが、カードローンではそのような制限はなく、自由に使うことができます。

他のローンでは追加の借り入れを行う際に、追加の申し込み・審査がありますが、カードローンでは、限度額以内であれば自由に追加の借り入れを行うことができます。

コンビニのATMやインターネットにて借り入れや返済ができ、24時間利用可能なものもあるので非常に便利です。

申し込みでは電話やインターネットなどで簡単に手続きができます。申し込みから審査までが非常に早く、審査結果が最短30分でわかるところもあります。

これらの特徴により、気軽に利用することのできる借り入れサービスとなっています。

なお、カードローンとクレジットカードを用いたキャッシングは異なるものですので、注意してください。

カードローンの安全性について

カードローンに限らず、お金を借りることに対して、不安を感じる人も多いと思います。
カードローンにおいては、借り過ぎや貸し過ぎを防いだり、過度の取り立てを規制する貸金業法と言う法律によって利用者は守られるので、安全に利用することができます。

貸金業法では、借り過ぎや貸し過ぎを防ぐために、年収の1/3が貸金業者からの借り入れ残高の合計の限度額として設定されています。これを総量規制といい、貸金業者のカードローンではそれ以上の金額を借りることができないようになっています。なお、貸金業者とは消費者金融やキャッシングを行うクレジットカード会社(信販会社)のことを指していて、銀行や信金などは含まれません。

つまり、 年収300万の人は貸金業者のA社から100万円まで、もしくは、A社とB社などの複数社から合計で100万円までを借りることができるということです。

なお、貸金業社からお金を借りると信用情報機関というところに情報が集められ、貸金業社は信用情報機関からの情報を得てお金を貸し出すので、複数業者からの借り入れの合計残高は把握されています。

カードローンを利用できる業者による違い

カードローンは消費者金融や銀行、信金、ろうきん、JAバンクなどで利用することができます。
銀行からのカードローンによる借り入れは、銀行が貸金業者ではないことから、上記の総量規制に引っかかりません。つまり、法律上は年収の1/3を超える額の借り入れも審査を通れば可能となり、年収のない方(主婦など)でも、銀行においてはカードローンを利用できる場合があります。

また、貸金業者である消費者金融よりも、銀行や信金、ろうきん、JAバンクなどの方が上限金利が低く設定されています。ただし、これらでは審査基準が厳しめであったり、借り入れまでの時間がかかったりと、消費者金融などほど借りやすくない場合が多いです。

また、借りるところによって、融資までの早さが違ったり、期間限定で金利が0になるところもあるので、自身の目的や計画に合わせて選ぶことが必要です。

カードローンのデメリットについて

返済が長期になってしまうと、利息分の金額が大きくなりやすいので、返済が大変になります。
また、契約しているだけで、借金するリスクがある人と判断され、住宅ローンなどの他のローンにおける審査が厳しくなる場合があります。

  • 金利が高めなので返済が長期になると大変になる
  • 契約しているだけで他のローンの審査が厳しくなる場合がある
  • 消費者金融におけるカードローンは、上記のように年収のある人向けなので、安定した年収がないと審査に通らない場合がある

まとめ

生活費や娯楽・交際費等で、すぐに少額だけ借りたい場合はカードローンがオススメ!借り過ぎに注意し、無理のない返済計画を立てて有効活用しましょう!また、業者によってそれぞれ特徴があるので、よく比較し、自分に合ったものを利用しましょう!

最新情報をチェックしよう!
>個人・法人の融資/資金調達に対応

個人・法人の融資/資金調達に対応

無料診断や相談・面談を実施
借入をしたい、迷っているなどお悩みがありましたらご利用ください。